観光・地域振興議連県内調査

観光・地域振興議連県内調査

令和4年7月15日 観光・地域振興議連(高橋正子会長)の県内調査で一宮市の元気な企業を2社訪問しました。午前は株式会社澤田製作所様(澤田浩基代表取締役)のドローン事業部へ、午後は株式会社エコ建築考房様(喜多茂樹代表取締役社長)で共に二代目社長さんです。澤田製作所では海津市と災害時におけるドローンの活用に関する協定を結ぶなど災害やインフラ調査など様々な分野・企業等との業務実績を上げています。また、学校教育の現場でのデモンストレーションやプログラミングドローン教室なども行いCSR(企業の社会的責任)、SDGsも果たされており、第4次産業革命の最中まさに最新技術で時代を切り開く取り組みをされています。

風速16mにも耐える商業用の大型ドローン
ドローン体験競技で準優勝して商品を頂きました。

午後からの日本の木と企業価値を高める家づくりに取り組むエコ建築考房では民間のモデルハウスとして国内初のFSCプロジェクトの認証取得や無垢材で耐震等級3を取得するなど新しい価値の創造に取り組んでいました。また子どもの遊び場や地域ショップへのスペースの提供など建築の枠を飛び出して元気なスタッフの皆さんと夢の実現に進んでいます。

岐阜県東白川村との協定でFSC認証木材(環境に配慮した森林から採れる木材)の普及促進
木のやさしさに包まれる子どもの遊び場、つなぐの森 ハリプー

▌サイト内記事を検索

▌この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
▌投稿カレンダー
2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▌投稿アーカイブ