稲沢市から愛知県建設局要望

稲沢市から愛知県建設局要望

令和3年11月2日 稲沢市から加藤市長、鈴森建設部長ほかにご来庁頂き議会ラウンジにて道浦建設局長以下県幹部に令和3年度の要望が行われました。道路整備事業では、重点として合併時からの課題である❶祖父江稲沢線の早期整備(日光川と尾西線を含む区間)のほか❷稲沢西春線(北大通線)の青木川以東一宮市内国道22号までのタッチ部分、❸市役所西の津島稲沢線のバイパス、❹JR清洲駅北の日下部踏切の歩道設置、❺井之口大坪交差点の改良を、河川整備事業では、通行禁止でご迷惑をかけていますが❶正楽橋下流部の整備促進と上流部の早期整備を重点として、❷三宅川の公共施設管理者負担金・橋梁負担金(重本交差点北の権現橋)への配慮、❸福田川の遊水地増設などの整備促進を要望しました。

▌サイト内記事を検索

▌この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
▌投稿カレンダー
2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
▌投稿アーカイブ