名古屋競輪組合議会

名古屋競輪組合議会

平成26年6月10日 名古屋競輪組合議会が開催されました。名古屋競輪組合は、昭和24年に名古屋競輪場管理組合として設立、名古屋市と愛知県が交互に開催していましたが、昭和63年に競輪事業の実施と設置・維持管理を合わせて行う現在の組合が発足しました。決議機関としての議会は県議会8名、名古屋市議会8名で構成され、執行機関は管理者に名古屋市長、副管理者に副知事と副市長各1名が当っています。今年度予算は、維持管理関係の一般会計が約8.8億円、事業を行う特別会計が約120億円です。平成25年度の分配金(収益金の配分)は、県市に各5千万円の計1億円、これまでの合計は約547億円に上ります。しかし、競輪事業全体の傾向で、入場者は減少傾向にあります。金鯱賞争奪戦(GⅢ:記念競輪)は来年3月7~10日開催!

DSC01087DSC01096

▌サイト内記事を検索

▌この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
▌投稿カレンダー
2014年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
▌投稿アーカイブ