防災ボランティア稲沢見学会

防災ボランティア稲沢見学会

平成25年7月19日 参院選の早朝行動終了後、所属している防災ボランティア稲沢(坂口良明会長)の皆さんと、定例会行事として1891年(明治24年)10月28日の濃尾地震(マグニチュード8.0)の震源断層を展示する根尾谷地震断層観察館へ見学に行きました。この地震は日本の内陸で起きた最大級の内陸地殻内地震(直下型地震)で激震(震度7相当)、断層の延長距離約80km、活動一回あたりの最大左横ずれ変位量8m、最大上下変位量6mで、その凄さを実感しました。濃尾地震は死者7,273人を数え、旧中島郡(現稲沢市・一宮市)では県内最多の917人が死亡、別名美濃・尾張地震と呼ばれています。

IMG_0861IMG_0860

 

▌サイト内記事を検索

▌この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
▌投稿カレンダー
2013年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
▌投稿アーカイブ