農林水産委員会県内調査

農林水産委員会県内調査

令和元年10月23日 農林水産委員会の県内調査で漁業生産研究所(知多郡南知多町)及び有限会社知多エッグGPセンター(知多郡武豊町)を訪問しました。昨年就航した漁業調査船海幸丸(総トン数70トン、建造費約5億円)は水温等の海況観測、イワシ類等の浮魚資源の調査、シャコ等の底魚資源の調査、漁具改良試験などを実施しており国の調査依頼にも対応しています。海洋汚染が危惧されるなか環境局との連携を強化するよう要望しました。エッグGPセンター(グレーディング&パッキングセンター:鶏卵の格付け(選別)包装施設)では約35万羽の採卵鶏に加え近隣からの需要にも対応しています。

▌サイト内記事を検索

▌この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
▌投稿カレンダー
2019年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
▌投稿アーカイブ